Windowsパソコンを自作 | Windoes10 PC

パーツを揃えWindowsパソコンを自作してみました。

今回は、Windowsパソコンを自作したいと思います。

 

出来上がりはこれです。↓

 

 

難しそうに思えますが実は簡単に出来るものなんですよ。

 

自作をしようかなと考えてる方の参考になればと思います。

 

ただ精密機器の為、注意するところが幾つかあります。

 

  • 静電気に注意する。(自分の)
  •  

  • 各パーツの相性がたまにある。
  •  

  • ドライバーなどで部品を傷つけないようにする。
  •  

  • 根気よく。あきらめない。

 

まず、必要なパーツを揃えます。

 

Windowsパソコンを自作しましょう。

 

必要なパーツを揃えます。

  • CPU
  • マザーボード
  • メモリー
  • ハードディスク
  • DVD-ROM
  • ATX電源
  • 各種ケーブル類
  • PCケース

最低でもこれ位は必要です。

 

WindowsOSは、別途必要です。

 

今お使いのパソコンが壊れて自作する場合、そのパソコンがWindows7以降でしたらそのプルダクトキーでWindows10が新規インストールできます。

 

Windows10新規インストールは、こちらを参照。

 

ゼロから自作する場合は、まずCPUをどれにするかでマザー・メモリーが決まりますのでCPUを決めます。

 

自作が初めてでも大丈夫です。

 

こちら↓で相談して下さい。

 

 

 

 

CPUを決めます。

 

CPUの種類は

  • インテル
  • AMD

大体この二択ですね。

 

価格は、後者のAMDは比較的安いですね。

 

今回は、オークションでCPU・マザーのセットを落札したのでそれを使います。

 

CPUは、AMD A8-3870 3.0GHzx4 グラフック内蔵のAPUです。↓

 

 

裏面はこんな感じでピンがありますので注意↓

 

 

次は、マザーボードです。

 

CPUを決めればマザーは大体決まりますので後はお財布との相談ですね。

 

決められない場合は、こちら↓で相談して下さい。

 

 

 

使用するマザーボードは、GIGABYTE GA-A75M-S2Vです。

 

このマザーは、マイクロATXでATXより小さめです。

 

 

CPU・マザーが決まればメモリーは限定します。

 

メモリーを購入。

 

このマザーでは、搭載可能メモリーは、DDR3です。

 

DDR3の動作クロックは、1600MHzが使用できるので秋葉原で購入。

 

 

DDR3 12800 1600MHz 2GBx2

 

 

中古で購入の場合は特に動作確認に注意して下さい。

 

相性などでは返品・交換出来ませんので注意。

 

上記のTUKUMOのショップでは中古パーツでも+540円~で相性保障が付けられます。

 

TUKUMO相性保障

 

メモリーの増設等は、こちらを参照。

 

では、仮組立をします。

 

CPU・マザーボード・メモリーを仮組立をします。

 

まず、CPUをマザーに取り付けます。

 

マザーのCPUソケットのレバーを上げ△印とCPUの△を合わせて載せます。

 

 

違うマザーの場合↓

 

 

ストンとCPUがソケットに入らない場合は、CPUの向きを確認して下さい。

 

無理やり入れるとCPUのピンが折れますので注意して下さい。

 

次は、メモリーをメモリースロットに取り付けます。

 

メモリースロットの両側にある爪を広げてメモリーを刺します。

 

メモリーには、切れ込みがありますので取り付け方向に注意します。

 

また、メモリーは静電気に弱いので注意。

 

 

メモリー取り付け後↓

 

 

続いてCPUファンを取り付けます。

 

まず、CPUにグリスを付けてCPU一面に伸ばします。

 

 

 

これは、CPUとファンの密着のため付けます。

 

SANWA SUPPLY シリコングリス TK-P3K AINEX シルバーグリス [AS05]

 

Yahoo!ショッピング

 

楽天市場

 

それからCPUファンを取り付けます。

 

このCPUファンはソケットの爪に引っ掛けるタイプです。

 

 

CPUファンの電源コードをマザーのCPUファン電源ソケットに取り付けます。

 

 

今度は、ATX電源のコードをマザーに取り付けます。

 

 

このコードも忘れずに・・・

 

 

後は、スイッチ類です。

 

この様なテスト用スイッチがあると便利ですよ。

 

 

説明書を見て取り付けます。

 

 

アイネックス 実験用スイッチ・LEDセット KM-01 AINEX 【セットモデル】 [ 実験用スイッチ・LEDセット ] 2.54mmピッチ(2x5ピン)簡単脱着ケーブル付 KM-01-SET

 

Yahoo!ショッピング

 

楽天市場

 

では、モニターを繋ぎコンセントに電源ケーブルを刺しスイッチON!

 

しっかりBIOS画面が出ました。

 

WindowsOSのインストール

 

WindowsOSのインストールをします。

 

 

ホントはこのままPCケースに入れるのですがとりあえずキーボード・マウス・DVD-ROMとハードディスクを繋いでインストールします。

 

 

 

インストールが始まりました。

 

 

 

無事、インストールは終わったのですがUSB・LANやその他のデバイスが認識しません。

 

今回Windows7をインストールしたのですが、このマザーが新しいためWindows7にはデバイスのドライバーがないためです。

 

 

あらかじめGIGABYTEのサイトからドライバーをダウンロードしCDに焼いたのでそれを使いドライバーを入れます。

 

 

後は、PCケースに入れて更新するだけです。

 

PCケースにパーツを入れる。

 

DVD-ROMを取り付けます。

 

 


 

この手のケースは、DVDの所に蓋があるのであたりを調整します。

 

 

電源を取り付ける。

 

 

 

使わないケーブルを束ねて格納する。

 

 

 

バックパネルを付けます。

 

 

マザーボードを取り付け。

 

 

 

ハードディスクの取り付け。

 

 

スイッチ類の取り付け。

 

 

 

すべて取り付け終了です。

 

 

スコアは、こんな感じです。↓

 

 

SSDではなくハードディスクなのでこんなもんでしょうね。

 

でも、コストパフォーマンスはいいですね。

 

構成システム

 

  • CPU・・AMD A8-3870
  • マザーボード・・GIGABYTE GA-A75M-S2V
  • メモリー・・SAMSUNG DDR3 12800 2GBx2
  • DVD・・LITEON iHAS120 6
  • HDD・・Seagate ST3320620AS
  • 電源・・サイズ剛力2 500W
  • PCケース・・GMC ATXケース

 

新品か中古かで価格が変わりますが、ケース・電源など今お使いのパソコンのパーツが使えれば結構安く仕上がります。

 

パーツを全部揃えても大体20000~40000くらいですかね。

 

今回のパソコンは、20000円位でした。

 

WindowsOSは、別途必要です。

 

今お使いのパソコンが壊れて自作する場合、そのパソコンがWindows7以降でしたらそのプルダクトキーでWindows10が新規インストールできます。

 

こちらを参照。

 

出来上がりです。

 

ジャジャ~ン。

 

 

家族には、パソコン各自1台づつあるのに誰が使うのと言われてしまいました。

 

私は、1台ではなく2台使っていますが…

 

 

 

以上、ためしたよドットコムでした。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

パソコン パーツ

 

関連ページ

サブPCのHDDをSSD ADATA SP550 120GB SSDに交換
この度、サブPCのシステムディスクをADATA SP550 120GB SSDを購入し交換いたしました。 SSDの交換では、システムディスクコピーは行わず新規windows7をインストールいたしました。
パソコン メモリーの増設・交換方法を簡単に。
この度、メモリー増設をいたしましたので簡単ですがメモリーの増設・交換の方法を掲載したいと思います。 まずここではディスクトップパソコンでのメモリー増設・交換を説明いたしますが、ノートパソコンのメモリー増設・交換も要領は一緒です。
ホコリだらけのCPUクーラー& scythe KABUTOを清掃(綺麗に)してみました。
今回は、パソコンの筐体の中にあるCPUクーラーを清掃(綺麗に)してみました。 この部品は、パソコンの電源を入れると常に回っている為、外部からのホコリが溜まり冷却不良や最悪、火事になる事もありますので最低でもホコリだけは取り除きましよう。
3.5インチベイ用 USB3.0コネクタパネルを購入しUSB2.0との速度の違いをためしてみました。
今回、3.5インチベイに取り付けるUSB3.0コネクタパネルを購入いたしました。製品名は、Cyberplugs 3.5インチベイ用 USB3.0コネクタパネルです。USB2.0とUSB3.0での速度の違いも計測いたしました。
外付けハードディスクケース Inateck USB3.0 HDDスタンド 2.5型 / 3.5型 SATA を購入.
今回、外付けハードディスクケース Inateck USB3.0 HDDスタンド 2.5型 / 3.5型 SATA を購入いたしましたのでご紹介したいと思います。
3.5インチベイ用ファンコントローラーを取り付けてみました。
パソコンケースの前面に取り付けてあるファンがMAXで回ってかなりの風切音があるため3.5インチベイ用シンプル4チャンネルファンコントローラーを購入し取り付けてみました。
プリンターの純正インクでなく純正互換の格安インクカートリッジは大丈夫なのか?
今回、プリンターcanon ip7230の純正インクがかなり価格が高いので格安インクカートリッジを購入し印刷などが大丈夫なのかをためしてみました。
HDDケースを購入し、使用していないHDDをバックアップ用に有効活用。
HDDケース サンワサプライ 2.5インチハードディスクケース TK-RF25UBKLN購入し、使用していないHDDをバックアップ用に有効活用。
WD HDD ポータブルハードディスク 2TB WD Elements Portable WDBU6Y0020BBK-WESN USB3.0/2年保証を購入
この度、家庭内ネットワーク(簡易NAS)構築の為、WD HDD ポータブルハードディスク 2TB WD Elements Portable WDBU6Y0020BBK-WESN USB3.0/2年保証 をamazonで購入しました。
再インストール用に IO-DATA のポータブルDVDドライブ EX-DVD04K ピアノブラックを購入しました。
この度、IO-DATA のポータブルDVDドライブ EX-DVD04K ピアノブラックを購入しました。 なぜ購入したかと申しますと、子供のノートパソコンが起動しなくなり再インストールの為です。 ノートPCには、DVD-ROMがついておらず一応HDDリカバリーがあるのですが、それも起動しないくらいになってしまいました。 購入時にDVDメディアにリカバリーを作成していたので、このIO-DATA のポータブルDVDドライブを使い再インストールです。
パソコンを購入するには、Windows VS mac のどちらを購入した方が良いのか?
今回は、パソコンを購入するには、Windows VS mac のどちらを購入した方が良いのか?を考えますよね。 私も本当はリンゴがオシャレなmacのノートパソコンが欲しいのですが、今使用しているソフトがwindows専用なので踏ん切りがつきません。 macでもBoot Campを使用してwindowsを動かす事ができるのですが問題が・・・
LANケーブルのカテゴリ(CAT6・CAT7)に速度の違いがあるのか?
今回はLANケーブルのカテゴリ(CAT6・CAT7)に速度の違いがあるのか?を実際に購入してみました。 丁度、ADSLモデムに接続していたケーブルも古くなったのでLANケーブルのカテゴリ 7を購入し、モデム~ルーター間のLANケーブルもカテゴリ 7に変更しました。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ プロフィール お問い合わせ サイトマップ リンク集