PC メモリーの増設・交換方法 | メモリー不足解消

パソコン メモリーの増設・交換方法を簡単に。

 

この度、パソコン メモリーの増設をいたしましたので簡単に増設・交換の方法を説明したいと思います。

 

パソコンの自作は、こちらで。

 

まずここではディスクトップパソコンでのメモリー増設・交換を説明いたしますが、ノートパソコンのメモリー増設・交換も要領は一緒です。

 

ノートパソコンのメモリー増設・交換は、こちらをご覧下さい。

 

秋葉原でメモリーを購入

 

久しぶりに秋葉原に行きディスクトップ用メモリーを購入いたしました。(中古ですが・・・)

 

なぜ秋葉原でメモリーを購入したかと申しますと、今現在新品のメモリーの値段が高くなっており(価格が上下する)中古で安ければ購入しようと考えていました。

 

メモリーには規格いろいろありますので購入の際はお使いのパソコンの説明書や今付いているメモリーと空きスロットがあるのか、ないのかを良く調べて下さいね。

 

わからない場合は、説明書やパソコンの型番などを店員さんに伝えれば適応メモリーを教えていただけますよ。

 

 

メモリーの規格

 

メモリーの規格は、大きく分けて

 

  • ディスクトップ用 DIMM・SIMM
  • ノートブック用 S.O.DIMM

 

ディスクトップ用のSIMMは今販売のパソコンでは使われていないのでここでは、DIMMに限定します。

 

またノートブック用はこちらをご覧下さい。

 

ディスクトップ用 DIMMの種類

 

  • DDR
  • DDR2
  • DDR3
  • DDR4

 

下に行く程、新しい規格。

 

また、DDR各種に動作周波数の違いがありますので注意して下さい。

 

わからない場合は、店員さんに・・・

 

購入したメモリーは、

 

これです。↓

 

 

取り付けるスロットの空きが2スロットあるのでTeam DDR3 12800 (1600Mhz) 4GBx2(デュアルチャンネル使用の為)を購入しました。

 

価格は、秋葉原じゃんぱらで1本1980円x2=3960円でした。

 

もちろん保障は初期不良のみで相性問題はダメです。

 

Team デスクトップ用メモリ DDR3 1600MHz PC3-12800 永久保証 ECOパッケージ (4GBx2枚 Elite Plus) Team デスクトップ用メモリ DDR3 1600MHz PC3-12800 永久保証 ECOパッケージ (4GBx2(両面実装))

 

Yahoo!ショッピング

 

楽天市場

 

パソコンパーツショップはこちら

 

まずは現在のメモリー状況を確認する。

 

 

スタートからコンピューターを右クリックしプロパティで今の搭載メモリーの容量が分かります。

 

ここでは搭載メモリーが8GBです。

 

 

 

メモリー取り付け開始

 

注意・・電源は切って下さいね。

 

で、その取り付けるスロットはこちら↓

 

 

この空きスロットに刺すんですが、メモリーの下に切り込みがあるので方向を間違えないように刺します。

 

メモリーを刺すとこんな感じです↓

 

 

取り付けが完了したらちゃんと取り付け・認識しているか確認します。

 

先程のように、スタートからコンピューターを右クリックしプロパティを開きます。

 

これが増設後です。↓

 

 

+8GBなので合計16GBになりました。(^ ^)

 

もし、起動しない・増えていない場合はメモリーの刺し方がしっかり刺さっていない場合がありますので、焦らずやり直しましょう。

 

また空きスロットがない場合は、今刺さっているメモリーと交換になりますので購入する時は、今のメモリーが2GBだったら4GBや8GBを購入しましょう。

 

こんな感じです。

 

 

 

以上、ためしたよドットコムでした。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

DDR メモリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノートパソコンのメモリー増設・交換の方法

 

 

ノートパソコンのメモリー交換を簡単に。

 

ノートパソコンの場合は、ディスクトップパソコンのように簡単にメモリーまでアクセスできる物もありますが、
中には裏蓋一面を外さないといけないノートパソコンもありますので、腕に自信がない場合はノートパソコンごと電気屋またはパソコンショップに持って行った方がいいですよ。

 

ここでは、簡単にメモリーまでアクセスできるタイプの交換法を掲載します。

 

 

簡単にアクセスできるタイプ

 

メモリーの適応などは、こちらで↓

 

 

簡単にアクセスできるタイプのノートパソコンは、このような感じになっています。↓

 

 

増設メモリスロット部のカバーを外し、スロットの位置を確認します。

 

メモリの差し込みの凹部を、スロット側の切り込みに合わせて位置を確認します。

 

 

メモリをスロットに対し斜めに差し込み、さらに親指などでメモリを上からゆっくり押してセットします。

 

 

増設後、プロパティで確認します。↓

 

 

もし、起動しない・増えていない場合はメモリーの刺し方がしっかり刺さっていない場合がありますので、焦らずやり直しましょう。

 

また空きスロットがない場合は、今刺さっているメモリーと交換になりますので購入する時は、今のメモリーが2GBだったら4GBや8GBを購入しましょう。

 

 

こんな感じです。

 

 

 

以上、ためしたよドットコムでした。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パソコンパーツショップ

 

 

 

 

 

関連ページ

サブPCのHDDをSSD ADATA SP550 120GB SSDに交換
この度、サブPCのシステムディスクをADATA SP550 120GB SSDを購入し交換いたしました。 SSDの交換では、システムディスクコピーは行わず新規windows7をインストールいたしました。
ホコリだらけのCPUクーラー& scythe KABUTOを清掃(綺麗に)してみました。
今回は、パソコンの筐体の中にあるCPUクーラーを清掃(綺麗に)してみました。 この部品は、パソコンの電源を入れると常に回っている為、外部からのホコリが溜まり冷却不良や最悪、火事になる事もありますので最低でもホコリだけは取り除きましよう。
パーツを揃えWindowsパソコンを自作してみました。
この度、widowsパソコンを中古パーツやストック品で自作・作成してみました。自作のやり方などを写真付で簡単に説明していますので是非チャレンジして下さい。
3.5インチベイ用 USB3.0コネクタパネルを購入しUSB2.0との速度の違いをためしてみました。
今回、3.5インチベイに取り付けるUSB3.0コネクタパネルを購入いたしました。製品名は、Cyberplugs 3.5インチベイ用 USB3.0コネクタパネルです。USB2.0とUSB3.0での速度の違いも計測いたしました。
外付けハードディスクケース Inateck USB3.0 HDDスタンド 2.5型 / 3.5型 SATA を購入.
今回、外付けハードディスクケース Inateck USB3.0 HDDスタンド 2.5型 / 3.5型 SATA を購入いたしましたのでご紹介したいと思います。
3.5インチベイ用ファンコントローラーを取り付けてみました。
パソコンケースの前面に取り付けてあるファンがMAXで回ってかなりの風切音があるため3.5インチベイ用シンプル4チャンネルファンコントローラーを購入し取り付けてみました。
プリンターの純正インクでなく純正互換の格安インクカートリッジは大丈夫なのか?
今回、プリンターcanon ip7230の純正インクがかなり価格が高いので格安インクカートリッジを購入し印刷などが大丈夫なのかをためしてみました。
HDDケースを購入し、使用していないHDDをバックアップ用に有効活用。
HDDケース サンワサプライ 2.5インチハードディスクケース TK-RF25UBKLN購入し、使用していないHDDをバックアップ用に有効活用。
WD HDD ポータブルハードディスク 2TB WD Elements Portable WDBU6Y0020BBK-WESN USB3.0/2年保証を購入
この度、家庭内ネットワーク(簡易NAS)構築の為、WD HDD ポータブルハードディスク 2TB WD Elements Portable WDBU6Y0020BBK-WESN USB3.0/2年保証 をamazonで購入しました。
再インストール用に IO-DATA のポータブルDVDドライブ EX-DVD04K ピアノブラックを購入しました。
この度、IO-DATA のポータブルDVDドライブ EX-DVD04K ピアノブラックを購入しました。 なぜ購入したかと申しますと、子供のノートパソコンが起動しなくなり再インストールの為です。 ノートPCには、DVD-ROMがついておらず一応HDDリカバリーがあるのですが、それも起動しないくらいになってしまいました。 購入時にDVDメディアにリカバリーを作成していたので、このIO-DATA のポータブルDVDドライブを使い再インストールです。
パソコンを購入するには、Windows VS mac のどちらを購入した方が良いのか?
今回は、パソコンを購入するには、Windows VS mac のどちらを購入した方が良いのか?を考えますよね。 私も本当はリンゴがオシャレなmacのノートパソコンが欲しいのですが、今使用しているソフトがwindows専用なので踏ん切りがつきません。 macでもBoot Campを使用してwindowsを動かす事ができるのですが問題が・・・
LANケーブルのカテゴリ(CAT6・CAT7)に速度の違いがあるのか?
今回はLANケーブルのカテゴリ(CAT6・CAT7)に速度の違いがあるのか?を実際に購入してみました。 丁度、ADSLモデムに接続していたケーブルも古くなったのでLANケーブルのカテゴリ 7を購入し、モデム~ルーター間のLANケーブルもカテゴリ 7に変更しました。
パソコンでSuicaの履歴確認・チャージを利用するには、ICカードリーダー/ライターが必要です。
パソコンからsuicaの履歴確認・チャージなどをするには、ICカードリーダー・ライター が必要です。 ICカードリーダー・ライター には、非接触型と接触型の二種類があります。 サイトによっては使用できないICカードリーダー/ライターもありますので購入の際はご注意下さい。
Suicaの履歴確認・チャージの為に、ソニー SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi RC-S380を購入してみました。
今回、パソコンからSuicaの履歴確認・チャージなどをするには、ICカードリーダー・ライタ が必要となり、amazonで ソニー SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi RC-S380を購入してみました。 最初は、sonyのUSBでパソコンにつなげば、FeliCaの各種サービスやe-Taxが可能に非接触ICカードリーダー/ライターPaSoRiのRC-S380を購入しようと考えていましたが、非接触ICカードリーダーでもしっかり接触させてなくてはならないのでこれでは接触型ICカードリーダーでも同じかと思い価格が安かったこちらのリーダー・ライタを選びました。
Cateck USB接続 接触型ICカードリーダー・ライタ 電子申告(e-Tax)対応住基カード対応 ブラックを購入しました。
今回、Suicaの履歴確認やチャージをするために接触型ICカードリーダー・ライターを購入いたしました。 購入した商品は、Cateck USB接続 接触型ICカードリーダー・ライタ 電子申告(e-Tax)対応住基カード対応 ブラックです。 この接触型ICカードリーダー・ライターのインストールから使用状況までを掲載します。
SDカードリーダー がUSB2.0用と古いため Transcend TS-RDF5W USB3.0を購入してみました。
随分と長い間 Transcend Card Reader USB2.0用 TS-RDS5W をデジタルカメラのSDカードリーダーとして利用していました。 流石にパソコンにUSB3.0が付いているのにも拘らずUSB2.0のSDカードリーダーを使用しているのも変だと思い。 今回、SDカードリーダーを新調しました。購入したSDカードリーダーは、Transcend TS-RDF5W USB3.0と言う商品です

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ プロフィール お問い合わせ サイトマップ リンク集