パソコン用デュアルモニターアームを購入したが問題が・・・モニターアームを改造して解決しました。

 

パソコンのモニターをデュアルモニターにするためにErGearのパソコン用デュアルモニターアームを購入しました。

 

机を広く使いたいのと、モニターを少し手前にしたいのでモニターアームを利用します。

 

今までは、文字入力の時に見えずらくモニターを手前に引いてました。(軽度の近眼)

 

それだと台座まで手前にきてしまい気になるんですよね。

 

まあ、気にしなければいいだけの事なのですが…(^_^;)

 

ErGearのパソコン用デュアルモニターアーム

 

購入したErGearのパソコン用デュアルモニターアームはこちらです。↓

 

 

amazonでは、いろいろなメーカーが販売しているようですが、このような安価のモニターアームの作りは一緒ですね。

 

外箱が違うだけで大差ないですね。

 

開封すると中身はこのような感じです。↓

 

 

説明書には、しっかりと日本語表示がありました。

 

  • ErGearのパソコン用デュアルモニターアーム

 

 

 

モニターアームの詳細は、

  • 17~32型対応
  • 耐荷重8kg
  • 2画面 ディスプレイアーム
  • VESA規格100*100
  • 多角度調節

と、ここで問題が・・・

 

何と耐荷重8kgなんですよ。

 

購入したモニターの重さが4.4kg?

 

あれ?オーバー?

 

まあ少しくらい大丈夫でしょう・・・保証はないけどね。

 

取り付けたモニターがこちらです。↓

 

Dell S2721H 27インチワイドモニターがセールだったので購入しました。

 

どうしても前から27インチモニターが欲しかったんですよね。

 

4KとかではないですがフルHDなので文字が大きく使いやすいです。

 

モニターが二台あるので一台の作業スペースが小さくなっても平気です。

 

モニターの取り付け

 

モニターアームを使用するには、VESAマウント対応となっているモニターが必要になります。

 

VESA規格
VESA規格とは、液晶ディスプレイやテレビなどの映像機器を、壁掛け金具・アーム・スタンドなどに取り付ける際に使うネジ穴の間隔について定められた国際標準規格のことです。
サンワサプライより

 

モニターアームを組み立てます。(比較的簡単です。)

 

このようにフレームのみパソコンデスクに取り付けました。↓

 

 

次は、モニターにVESA規格のマウントを取り付けるのですがここで問題が・・・

 

デュアルモニターアームに問題発生!

 

あれ、なんか変?

 

モニターアームをモニターのサイズに合わせてみると明らかにおかしい。

 

 

このようにモニターアームが飛び出します。

 

机の後ろの壁とはこんなにも間が…(モニターは古いもの)

 

 

モニターサイズにアームを合わせて横から撮影。

 

 

机の約半分までモニターに占領されてしまいます。

 

これじゃ机が狭くなってしまう…(T_T)

 

私のように机と壁との間が狭い(ピッタリ)してる場合は注意しましょう。

 

モニターアームの肘部分が後ろにいけないためにこのようになってしまうのです。

 

机を壁から離せばいいのですが。

 

それはしたくない・・・

 

どうしよう?

 

そうだ!

 

改造しちゃえ・・・

 

モニターアームを改造

 

モニターアーム自体を改造する事に決定。

 

まずはモニターアームの長さを測定しました。

 

 

結果は、モニターアームの中央からVESAマウントの中央までで約40cmありました。

 

と、言うことは倍にするので幅80cmあるモニターならこのようにアームが一直線に取り付けできるのです。

 

私のモニターは、約61cmなのでアームの肘が曲がらなくてはいけないのです。

 

それならアームの長さを調整するしかない。

 

VESAマウントの部分を外します。

 

 

この部分を外すには付属の六角レンチではサイズがあいません。

 

付属の六角レンチのちょうど中間のようなレンチが必要です。

 

取り外してみるとこのように分解できます。

 

 

こう見てみると長さに合わせて穴を開ければいけるのでは・・・

 

モニターサイズの約半分、アームの中心から31cmの所に印を付けドリルで穴を開けることにしました。

 

でもこの穴の大きさのドリル歯持ってない・・・

 

またもやamazonで購入。

 

  • E-Value 鉄工用ドリルセット チタンコーティング 丸軸 21本組 ETD-21S-T

 

 

このE-Value 鉄工用ドリルセットには、1mmから10mmまでのドリル歯がセットになっているので一家に1セットあると便利かな?

 

最終的にはドリル歯の8mmを使用しました。(最初は小さめの歯で開けていきます。)

 

まず、目的の長さの所に印をつけました。(31.5mm)

 

モニターの幅の半分に少し余裕を持たせました。

 

 

そしてドリルの小さい口径のドリル歯を使用して徐々に大きくしていきました。

 

 

アームのVESAマウントが付くステーを取り付けます。

 

ステーはそのまま取り付けると隙間があるのでグラグラになってしまいます。

 

私は滑り止めのマットを間に挟み込みました。

 

 

ここまで来たら後はモニターの取り付けです。

 

27インチモニターの取り付け

 

モニターアームの改造も終わりましたので、モニターの取り付けをします。

 

まずは、アームにモニターの接続コード類をまとめます。

 

 

こんな感じにケーブル類をアームに這わせたらVESAマウントを取り付けたモニターを引っかけるだけです。

 

最終的にこのような感じで設置出来ました。↓

 

 

これが後ろの壁との隙間です。↓

 

 

かなりモニターアームの限界まで挑戦したと思います。

 

モニターの後ろにあるアームに注目して下さい。

 

これでもか・・・っ感じでひっいているのが分かります?

 

何か横から見るとウルトラワイドのモニター?

 

と、いう感じに見れます。

 

思っていたようにすっきりと広々したパソコンデスクになりました。!(^^)!

 

結果的にモニターアームに穴をあけるだけで対応できたので良かったです。

 

最初からモニターアームに長さ別の穴があいていれば簡単なんですがね。

 

 

以上、ためしたよドットコムでした。

 

 

 

お得な Official Website の紹介です。


私も使用しているMINISFORUMから最新モデル登場!




資産運用をお考えの方、まずは基礎知識を学びましょう。