水分を取るのを我慢すると尿管結石になりやすくなりますので注意しましょう。

 

丁度、二年前くらいに急に背中からお腹のあたりが急に激痛がいたしました。

 

この痛さが半端ない、今までに経験した事のない痛さでした。

 

後にこの病名がわかりました。

 

病名は、尿管結石

 

この病名は、尿管結石でした。

 


イメージです。

 

尿管結石

 

尿管結石は、腎臓で形成された結石が尿管に下降してきた場合の結石です。

 

尿管には、腎盂尿管移行部、血管(総腸骨動脈)交差部、尿管膀胱移行部の3カ所に生理的狭窄部位といわれる狭い部分があります。前述したように直径8㎜以下の結石は、尿管を通過して自然排石が期待できますが、このような生理的狭窄部位では結石の通過は簡単ではなく、このため尿流の停滞を起こして水腎症を呈することがあります。

 

結石が尿管で通過障害を起こすと、激痛が生じます。患者さんは七転八倒するような痛みに見舞われ、冷や汗が出たり、不安におそわれます。

 

https://katei-igaku.jp/dictionary/detail/190228S02.htmlより

 

簡単い言うと、結晶みたいな物が腎臓から落ち尿管に入り膀胱までの間に激痛がします。

 

尿管結石ができる原因

 

尿管結石ができる主な原因は、

 

  1. シュウ酸の多い食品
  2. 水分補給不足

 

1.シュウ酸の多い食品

 

シュウ酸の多い食品に気をつける。

 

  • ココア 0.7g
  • ほうれん草 0.7g
  • 里芋(生) 0.1g
  • さつまいも(焼き) 0.1g

 

成分量(100gあたりg)

 

気をつけると言っても食べなければならないと言うものでもありません。

 

一番大事なのは、次の水分補給不足です。

 

2.水分補給不足

 

水分補給が一番大事なのです。

 

私も仕事柄、トイレにすぐ行けるのではないので水分補給を少なめにしていました。

 

結石は、誰にでもできるものです。

 

結石が小さければ気付かず、尿と一緒に体外に放出されてます。

 

ただ結石が大きすぎた場合は、手術も必要になりますので注意しましょう。

 

尿管結石を治療と予防

 

尿管結石の治療には、治療薬などは特にありません。

 

しいて言えば、激痛の鎮痛剤だけでした。

 

処方してもらった座薬↓

 

 

後は適度な運動(縄跳びなど)も有用ですね。

 

尿管結石を予防するには、常に水分を多く摂取し結石が大きくなるのを防ぎ尿と一緒に排出する事です。

 

尿管結石が再発

 

またもや尿管結石が再発しました。

 

 

でも一度この痛さを経験しているので慣れたのでしょうか?

 

それとも落ちてきた結石が小さかったのか?

 

一応前の貰った座薬があったので、これを使いました。

 

先程、尿を出すときに音はしませんでしたが結石が出たようです。

 

結構ピリピリ感がありました。

 

取り合えず、水分補給をこまめに取るようにします。

 

皆さんも尿管結石には注意しましょう。

 

 

 

以上、ためしたよドットコムでした。

 

 

 

 

家庭の医学

 

Sponsored Link