リーバイス ジーンズの番号(ロット)の種類と違いを調べました。

 

皆さんもジーンズの1本位は持っていますよね?

 

ですよね。

 

今回は、ジーンズメーカーでは有名なリーバイスの番号(ロット)による種類と違いを調べてみました。

 

上記の画像は、私が持っているリーバイスのジーンズです。

 

気が付いたらこの量になっていました。(^_^;)

 

まず、リーバイスとは・・・

 

 

リーバイスとは、リーバイ・ストラウス(英語:Levi Strauss & Co.)は、アメリカ合衆国を拠点とする アパレルメーカーであり、ジーンズのブランドです。

 

昔からあるジーンズメーカーは一般的に

 

  • リーバース
  • Lee
  • EDWIN
  • Wrangler
  • BIG JOHN

 

ですかね?

 

今では、ジーンズメーカーに委託して製品化し販売しているブランドのジーンズもかなりあります。

 

また、ユニクロ・GUなどの格安ジーンズなども有名です。

 

リーバイスは他に負けない歴史があるってところですかね・・・

 

 

では本題のリーバイス ジーンズの番号(ロット)の種類と違い

 

リーバイスに限らずジーンズメーカーは番号やロットナンバーでジーンズの形を現しています。

 

リーバイスでは、こちらを↓

 


リーバイス公式サイトより

 

リーバイス公式サイトではこの様になっています。

 

リーバイスの番号(ロットナンバー)による区別

 

まずは、ジーンズがボタンフライかジップフライがあります。

 

ボタンフライは、501 ↓

 

 

その他は、ジップフライ ↓

 

 

リーバイス 501とその他の番号はここがまず違います。

 

ボタンフライは、用を足したあと閉めるまで時間がかかりますよ。

 

ジーンズの太さが細い順で

 

  • 510 スキニーフィット
  • 512 スリムテーパー
  • 501 スキニー
  • 511 スリムフィット
  • 513 スリムストレート
  • 501 レギュラーストレート
  • 505 レギュラーストレート
  • 502 ストレート
  • 503 ルーズストレート

 

上記は、あくまで目安です。

 

同じ番号でもストレートとテーパードがありますので、履いた感じで若干違いがあります。

 

テーパードは、足首に向けて細くなっています。

 

リーバイスサイト

 

THE FIT GUIDE フィットガイド

 

ジーンズを探すとき最も大切なのが「シルエットの選び方」

 

豊富な種類の中から、あなたにぴったりのフィットを見つけましょう。

 

クリックでリーバイス フィットガイドサイトで詳しく。↓

 

 

 

購入アドバイス

 

 

購入にあたってのアドバイス。

 

カラーによっては洗濯するたびに縮むのがあります。

 

特に、リジット(生地その物の色)は縮みますので注意して下さい。

 

リジットの色 ↓

 

 

また、必ず履いて購入する方がいいです。

 

番号(ロット)によってはウエストサイズに違いがありますので・・・

 

特に腰回りですかね。

 

私はネットで購入してワンサイズ大きいのがあります。

 

一度、履いてからネットで探しましょう。

 

私のリーバイスコレクション

 

 

レア物には興味がないのでただ単に購入した物

 

  • 00502-0009
  • 00502-0136
  • 00502-0806
  • 08502-0019
  • NE502-0005
  • 08503-0015
  • 08503-0017
  • 00505-1426
  • 00505-1427
  • 00505-0587
  • 04511-1400
  • 04511-1781
  • 04511-2229
  • 00514-0459
  • 00702-0004
  • 00703-0006

 

やあ、まあこんなにも増えてしまいました。

 

でもまだ欲しい番号があるのですが・・・

 

 

 

以上、ためしたよドットコムでした。

 

 

 

 

リーバイス