自宅でカクテル・・・ブラッディ・マリー (Bloody Mary) と言うカクテルを作ってみました。

 

ブラッディ・マリー (Bloody Mary) または、ブラッディ・メアリーと言うカクテルを作ってみました。

 

トマトジュースをベースにしているのでトマト好きには最高です。

 

ブラッディ・マリー (Bloody Mary) または、ブラッディ・メアリーの由来

 

16世紀のイングランド女王、メアリー1世の異名に由来するといわれている。

 

メアリーは即位後300人にも及ぶプロテスタントを処刑したことから、「血まみれメアリー」(Bloody Mary) と呼ばれ恐れられていた。

 

何かゾクゾクする名前ですよね・・・

 

使用する材料

 

 

  • トマトジュース
  • ウォッカ
  • カットレモン
  • コショウ
  • タバスコ

 

お好みでウスターソースなど

 

今回、トマトジュースにはバヤリースのさらさらトマトジュースを使用しました。

 

 

このトマトジュースは、果汁90%で一般のトマトジュースよりもさらさらしていて飲みやすいです。

 

また、塩・コショウ・レモン果汁など使用しなくてもこのトマトジュースに含まれているのでOKです。

 

バヤリースのさらさらトマトジュース

 

 

ウォッカは、アルコール度37%のを使用しました。

 

 

楽天やyahooでの検索はこちらでどうぞ↓

 

 

 

楽天やyahooでは、【 トマトジュース 】 で検索して下さい。

 

ブラッディ・マリーの作り方

 

グラスに氷を入れます。

 

 

ウォッカをお好みの量を入れます。

 

 

後は、トマトジュースを入れるだけです。

 

 

どうですか?

 

簡単にブラッディ・マリーが出来ました。

 

トマトジュースベースで飲みやすいので是非、飲んでみて下さい。

 

お酒の種類を替えて

 

お酒の種類を替えると、いろいろな名前になります。

 

  • ウォッカをジンに変えると「ブラッディ・サム」
  • テキーラに変えると「ストロー・ハット」
  • ビールに変えると「レッド・アイ」
  • アクアビットに変えると「デニッシュ・マリー」
  • スコッチ・ウイスキーに変えると「バノックバーン」
  • ウォッカを抜くと「バージン・マリー」

 

また、トマト・ジュースをハマグリやアサリのエキスが入ったクラマトにすると、ブラッディ・シーザーというカクテルになる。

 

ブラッディ・マリーを作り、それをビールで割ると、「レッド・バード」

 

ブラッディ・マリーにビーフブイヨンを加えると、「ブラッディ・ブル」

 

お酒の種類を替えてみるのも面白いですよね。

 

口当たりが良いのでついつい飲みすぎてしまいます。
ウォッカなどのアルコールは入れすぎに注意して下さい。

 

 

 

以上、ためしたよドットコムでした。

 

 

 

 

 

Sponsored Link