電波時計(置型)の戻るボタンの接触不良を分解修理しました。

 

電波時計(置型)の戻るボタンが何故か反応が悪くなりました。

 

他の進むボタンはしっかり反応するので接触不良ではないかと・・・

 

壊れても良いので分解じゃ。

 

と、強気に出てますがホントに壊れると困るんです。m(__)m

 

目覚まし時計が二個あるんですがそのうちの一つなので・・・

 

でも直さないとアラームセット時がかなり苦痛でして手が痛くなる。

 

故障箇所の症状

 

故障個所は、電波時計(置型)の戻るボタンが反応が悪いのです。

 

強く押せば反応する場合があるのですが、反応しない場合もあるのです。

 

アラームの時間変更がいつも苦痛でした。

 

画像にある矢印のボタンです。

 

 

ダメもとで分解してみます。

 

電波時計(置型)の分解

 

早速、電波時計(置型)の分解をします。

 

まずは電池を抜きます。

 

 

電池は裏蓋を外すと出てきます。

 

 

分解に使用した工具は、100円ショップで販売されている、精密ドライバーのセットです。

 

 

結構、隙間などが狭いのでドライバーが細くないと回せません。

 

裏のネジ二本を外し、表面と裏面を外すと簡単に外れました。

 

 

ただアラームのスイッチが取れますので注意しました。

 

無くなったら大変ですからね。

 

注意しながら開くと、フラットケーブルが付いていますので、この位しか開きません。

 

これ以上開くとフラットケーブルが取れそう・・・

 

後は、基盤のネジを外していきます。

 

 

結構な数ありました。(基盤はちっちゃいのにね)

 

ネジが外し終えたら基盤を持ち上げます。

 

 

基盤を持ち上げると、液晶の部品がばらけますので注意しました。

 

液晶の部品は重なっているので無理に外さなければOK!

 

問題のボタンの基盤側に厚みを持たせるために、両面テープを使用しました。

 

 

両面テープを小さく切り、基盤接触部分に貼り付けました。

 

 

取り合えず基盤を戻し、組み立てしてみました。

 

液晶の動作もしているのでOKでしょう。

 

 

しかし問題が・・・

 

組み立てして動作させると、強制受信と時計合わせのボタンが反応しない。(T_T)

 

きっとフラットケーブルが折れたかな?

 

他のボタンは反応するんですがね。

 

一瞬、時刻合わせ出来ないんじゃ時計じゃないじゃん・・・

 

せっかく戻るボタンの接触不良は改善したのにね。

 

その時思ったのが、リセットは反応するかです。

 

OK!

 

リセットは反応しました。

 

取り合えずリセットしました。

 

しっかり電波を受信し正確な時刻になりました。

 

良かった良かった・・・

 

そのあと気づいたのがこちら・・・↓

 

 

そう何故か基盤のネジが一本残っていました。

 

また開けるとフラットケーブルを切ってしまいそうなので見なかった事にしました。(^^;

 

 

以上、ためしたよドットコムでした。

 

 

 

 

 

Sponsored Link