ACアダプターの中身がどうなっているのか知りたくて分解してみました。

 

皆さんもACアダプターの中身がどうなっているのか?

 

知りたくないですか?

 

そう今回は通常開ける事の出来ないACアダプターを分解してみました。

 

ACアダプター

 

今では皆さんも普通に使用しているACアダプター

 

何気に使用していますがどんな役目があるのか理解してますか?

 

ACアダプターの役目

 

ACアダプターの役目は、外部電源の一種のことであり、一般的に黒い筐体に収められているAC/DCスイッチング電源のことです。

 

また、発電所等から供給される商用電源を、交流から直流に変えたり、電圧を変換したりする電子機器です。

 

ACアダプターを用いることにより、安全性を高めることが可能です。

 

感電すると即死の危険があるほどの100V・240V(日本では100V)の商用電源が、安全な低電圧に変換されユーザーの取り扱う機器に低い電圧で電力が供給することができます。

 

では中身はどうなっているのか?

 

ACアダプターを分解

 

ACアダプターは通常、接着されていて開くことができません。

 

開いてしまうと危険だからです。

 

でもACアダプターの中身を見てみたいと思いますよね。

 

見られないとなると見たくなる。

 

昔話にありましたね。

 

「見ないで下さいね。」と言われると見たくなる。

 

と言う事でACアダプターを分解しました。

 

分解と言うより殻割ですね。

 

まず、壊れてしまったACアダプターを分解します。

 

ACアダプター↓

 

 

必要な道具は、ノコギリです。

 

家にコンパクトなノコギリがなかったのでこちらを使用しました。↓

 

 

接着面に沿ってノコギリを入れていきます。

 

 

このように接着面が削られていきます。

 

 

接着面の三面をこのように削っていきます。

 

 

三面削れたら殻割します。

 

 

ACアダプターの中身はこのようになっています。

 

 

電子パーツがギッシリ詰まっています。

 

 

パーツが何かは、知っている人が見れば一目なのでしょうが、私はわかりません。

 

 

横にある板状のものは放熱板でしょうね。

 

ACアダプターを使用していると熱くなっていますから・・・

 

 

この状態でACアダプターをコンセントに刺してはダメですよ。

 

感電しますからね。

 

一度見てみたいと思っていたACアダプターの中身が見れたので良かったです。

 

皆さんも初めて見たのではないですか?

 

 

 

以上、ためしたよドットコムでした。

 

 

 

 

ACアダプター

 

Sponsored Link