DIESEL(ディーゼル) 時計 DZ-1371の電池交換しました。

今回は、DIESEL(ディーゼル) DZ-1371の電池交換をためしてみました。

 

DIESEL(ディーゼル) DZ-1371はこれです。↓

 

 

裏面はこちら↓

 

 

このDIESEL(ディーゼル) DZ-1371の電池交換は比較的に簡単ですので、交換を考えている方は参考にして下さい。

 

DIESEL DZ-1371・・・価格

 

 

 

 

 

最初に必要な工具と部品は・・・

 

まず、必要な工具と部品は

 

  • 交換用電池・・SR626SW
  • 精密ドライバー・・プラス+

 

今回使用した交換用電池はこれです。↓

 

 

電池は1個で良かったのですが他の時計に使えるので5個セットを購入。

 

 

電池の使用推薦年月日も約二年くらいありました。

 

 

近くのスーパーで売っていたSR626SWは1年くらいでしたのでamazonで購入して正解でした。

 

また、値段も1個の値段で5個買えました。

 

 

このSR626SWの金のコーティングが高価に見えますよね?

 

SR626SW・・・価格

 

 

 

 

 

あと、精密ドライバーのプラス+が必要ですが精密でなくても先が細ければ大丈夫ですよ。

 

私はこれを使用しました。↓

 

 

このドライバーは、どの家庭にも一つはあるのではないでしょうか?

 

DIESEL(ディーゼル) DZ-1371の裏蓋

 

まず、DIESEL(ディーゼル) DZ-1371の裏蓋を外します。

 

 

最初に、赤○の所のネジを外します。

 

このネジはとても小さいので無くさないように注意します。

 

裏蓋を外しますとこんな感じです。↓

 

 

白い押さえのプラスチックを取ります。↓

 

 

古いSR626SWの電池を外します。

 

電池を外すときは電池を矢印のようにスライドすると外せます。↓

 

 

新しいSR626SWの電池をセットします。

 

電池を入れるときは時計の下の端子に注意します。

 

無理やり入れると端子が曲がりますので・・・

 

新しいSR626SWの電池をセットOK!

 

 

あとは、裏蓋をかぶせてネジを締めます。

 

DIESEL(ディーゼル) DZ-1371が復活!!

 

 

しっかり秒針が動きました。

 

バンドを付け直して終了です。

 

 

どうですか?

 

DIESEL(ディーゼル) DZ-1371の電池交換は、比較的簡単です。

 

こちらに記載の事例については、当方では、一切の保証は致しませんので自己責任でお願い致します。

 

 

 

以上、ためしたよドットコムでした。

 

 

 

 

 

 

DIESEL(ディーゼル) DZ-