DIESEL(ディーゼル) 時計 DZ-1371の電池交換しました。|ディーゼルの電池交換

DIESEL(ディーゼル) 時計 DZ-1371の電池交換しました。

今回は、DIESEL(ディーゼル) DZ-1371の電池交換をためしてみました。

 

DIESEL(ディーゼル) DZ-1371はこれです。↓

 

 

裏面はこちら↓

 

 

このDIESEL(ディーゼル) DZ-1371の電池交換は比較的に簡単ですので、交換を考えている方は参考にして下さい。

 

 

最初に必要な工具と部品は・・・

 

まず、必要な工具と部品は

 

  • 交換用電池・・SR626SW
  • 精密ドライバー・・プラス+

 

今回使用した交換用電池はこれです。↓

 

 

電池は1個で良かったのですが他の時計に使えるので5個セットを購入。

 

 

電池の使用推薦年月日も約二年くらいありました。

 

 

近くのスーパーで売っていたSR626SWは1年くらいでしたのでamazonで購入して正解でした。

 

また、値段も1個の値段で5個買えました。

 

 

このSR626SWの金のコーティングが高価に見えますよね?

 

あと、精密ドライバーのプラス+が必要ですが精密でなくても先が細ければ大丈夫ですよ。

 

私はこれを使用しました。↓

 

 

このドライバーは、どの家庭にも一つはあるのではないでしょうか?

 

 

DIESEL(ディーゼル) DZ-1371の裏蓋

 

まず、DIESEL(ディーゼル) DZ-1371の裏蓋を外します。

 

 

最初に、赤○の所のネジを外します。

 

このネジはとても小さいので無くさないように注意して下さい。

 

裏蓋を外しますとこんな感じです。↓

 

 

白い押さえのプラスチックを取ります。↓

 

 

古いSR626SWの電池を外します。

 

電池を外すときは電池を矢印のようにスライドすると外せます。↓

 

 

新しいSR626SWの電池をセットします。

 

電池を入れるときは時計の下の端子に注意して下さい。

 

無理やり入れると端子が曲がりますので・・・

 

新しいSR626SWの電池をセットOK!

 

 

あとは、裏蓋をかぶせてネジを締めます。

 

DIESEL(ディーゼル) DZ-1371が復活!!

 

 

しっかり秒針が動きました。

 

バンドを付け直して終了です。

 

 

どうですか?

 

DIESEL(ディーゼル) DZ-1371の電池交換は、比較的簡単です。

 

こちらに記載の事例については、当方では、一切の保証は致しませんので自己責任でお願い致します。

 

 

 

以上、ためしたよドットコムでした。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

 

 

 

DIESEL(ディーゼル) DZ-

 

関連ページ

DIESEL(ディーゼル) 時計 DZ-1405の電池交換しました。
この度、DIESEL (ディーゼル)時計 DZ-1405 電池交換をしました。 搭載の電池は、SR626SWという型番で交換には専用工具を用い交換いたしました。
DIESEL(ディーゼル) 時計 DZ-1399のベルトをステンレスベルトに交換をしました。
今回は、DIESEL 時計 DZ-1399 ベルト交換をしました。 交換ベルトは、ネットショップより26.0mmのシルバーステンレスベルトを購入し交換いたしました。
デジタルカメラの激安(格安)バッテリーを購入してみました。
デジタルカメラの激安バッテリーをAmazonから購入してみました。 最近は、デジカメの互換性のある格安バッテリーが各メーカーから販売されています。 純正品は信頼性はあるのですが、やはり値段が高いのがネックですよね。
DIESEL(ディーゼル) 時計 DZ- の日付(date)が合わない、直してもズレてしまう。
DIESEL(ディーゼル)時計 DZ- の日付(date)が合わない、ずれてしまう事はありませんか?私のDIESEL(ディーゼル) の腕時計も日付を直すのですが、次の日には合ってないのです。
日本製記録メディア撤退でシリコンパワーのデータ用DVD-R 4.7GB SPDR47PWC50Sを購入してみました。
今まで使用していたTDK・太陽誘電などのDVDメディアが撤退・販売終了なので、シリコンパワーのデータ用DVD-R 4.7GB SPDR47PWC50Sを購入し実際にライティングやレーベルの印刷などをためしてみました。
ヒンジが壊れた(zippo) ジッポーライターの修理を依頼してみました。
この度、ヒンジが壊れた(zippo) ジッポーライターの修理を依頼してみました。 ジッポーライターが好きでいつものように火を受けようと蓋を開けると何となく違和感が・・・蓋のヒンジががたついているのです。 もう寿命化と思っていましたが、何とジッポーライターは無料生涯保証だったのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ プロフィール お問い合わせ サイトマップ リンク集