ハゲ・薄毛改善のAGA治療薬 プロペシアが効かないのは何故なのか?

AGA治療薬のプロペシアが効かない。

 

プロペシアが効かないから諦める必要はありません。

 

その場合は、成分名 デュタステリド。

 

デュタステリドは、5α-還元酵素のⅠ型とⅡ型の両方を阻害する作用があるため、Ⅰ型のみ阻害するフィナステリドよりも高いDHT(ジヒドロテストステロン)生成抑制効果。

 

デュタステリドが男性型脱毛症治療薬として2015年9月に承認されました!

 

2015年9月28日に、男性型脱毛症治療薬デュタステリド(商品名:ザガーロカプセル)の製造販売が承認されました。

 

日本国内において、男性型脱毛症治療薬としてはフィナステリド(商品名:プロペシア)に次いで2番目の経口薬です。

 

デュタステリドは、商品名:アボルブカプセルが、前立腺肥大症治療薬として2009年7月から承認されておりましたが、今回、別薬剤として新たに臨床試験を行い、有効性および安全性が確認されたため、男性型脱毛症治療薬として承認されるに至りました。

 

デュタステリドは、5α-還元酵素のⅠ型とⅡ型の両方を阻害する作用があるため、Ⅰ型のみ阻害するフィナステリドよりも高いDHT(ジヒドロテストステロン)生成抑制効果を示します。

 

また、デュタステリドの承認された適応症は「男性における男性型脱毛症」です。

 

既存のフィナステリド(商品名:プロペシア)の適応症である「男性における男性型脱毛症の進行遅延」と比較して、“進行遅延”の表記が外れており、進行を遅延するのみならず発毛を期待させる内容となっています。

 

※デュタステリドは服用開始後12週間で改善がみられる場合もありますが、治療効果を確認するには通常6ヶ月間の服用が必要となります。

 

5α-還元酵素のⅠ型とⅡ型の両方を阻害する作用があるため、Ⅰ型のみ阻害するフィナステリドよりも高いDHT(ジヒドロテストステロン)生成抑制効果。

 

 

デュタステリド

 

 

 

同成分の商品↓

 


アボダート(アボルブ/ ザガーロ)

 

アボダート

 

 

 

注意事項

 

デュタステリド配合商品の使用中及び使用中止後6ヶ月間は献血をしないでください。

 

女性の使用は出来ません。特に妊娠中またはその可能性のある女性は液剤に触れないでください。

 

妊娠中の女性については、胎児へのリスクが高いとされておりますので、使用場所や扱いには注意してください。

 

こちはも、成分名 フィナステリドとほぼ一緒ですね。

 

私の薄ハゲの結果を報告いたしました。

 

皆さんも、諦めないで頑張りましょう。

 

その後の15ヶ月経った状態

 

私は辛うじて、プロペシアの効果がありましたので、プロペシアのジェネリックを使用しました。

 

私の薄毛改善はこちらで↓

 

ハゲ・薄毛が改善!発毛したのは育毛剤ではなくこの方法でした。

 

プロペシアもこちらで紹介した商品も目的は一緒です。

 

ただ、ヘアサイクルがあるので最低でも3ヶ月は続けなくては効果はでませんよ。

 

その後の髪の毛の状態ですが、薄毛から約15ヶ月の今現在の写真です。

 

 

治療をためす前の写真↓

 

 

で、15ヶ月後↓

 

 

どうですか?

 

他のサイトでは、過大報告をして紹介している所も多数有りますが、当サイトは違います。

 

私、嘘つきませんから・・・

 

事実です。

 

身体張ってますから。

 

一応、治療薬を

 

 

複数購入。

 

 

今では、毎日ではなく3日に一回くらい飲用しています。

 

AGA治療薬 プロペシアが効かない場合は、こちらの商品を↓

 

 

デュタステリド

 

 

 

同成分の商品↓

 


アボダート(アボルブ/ ザガーロ)

 

アボダート

 

 

 

自己責任でお願いします。

 

ここで紹介している商品は、実際に私が購入しためした事であり、お勧めしている訳ではありません。

 

ためしたい方は、自己責任でお願い致します。

 

 

 

以上、ためしたよドットコムでした。

 

 

 

 

育毛剤